オープンエデュケーション

Kait-Blend

導⼊⽬的

学習を取り巻く環境は、ここ20年で特に⼤きな変化を迎えています。まず、かつては⼀部の⼈が学べば良いとされた⾼度な学術知識を、より多くの⼈が、しかも分野横断的に、学ぶ必要が⽣じてきました。それから、学習においてもICT技術が急速に発展・浸透しつつあります。さらに、学習に関する科学理論を構築する動きがますます本格的になってきました。⼤学教育は、これらの変化を最も肌で感じられる教育現場と⾔えます。
神奈川⼯科⼤学ではこのような社会の変化の中で試⾏錯誤を繰り返しながら本学在学⽣の活⽤を⽬的として2015年に発⾜した「Kait-Blend」という教育プロジェクトが、このオープンエデュケーションシステムの⺟体となっています。Kait-Blendはその名の⽰す通り、ブレンド型教育と呼ばれるタイプの教育法の⼀種です。ここでブレンド型教育とは、教室における教師対学⽣の対⾯授業とICT技術をブレンドした教育技法全般を指します。
ブレンド型教育は、ブレンドのさせ⽅に個性があらわれますが、Kait-Blendは認知論ベースの教育理論に基づいて全体を構想したもので、特に課題を課すタイミングと課題の内容に特徴があります。2013年頃から少数の学⽣を対象に教育実践を重ね、ノウハウが蓄積されてきた2018年度以降、数学・物理系の授業で全学的に通常運⽤されはじめました。2020年度現在、実践例や教材が増え、教育効果も確かになってきました。
この度は、Kait-Blendの⼀部を⼀般公開することにより、皆様の学習に役⽴てて頂くとともに、さらなる教材の研鑽につなげていきたいと考えて、「神奈川⼯科⼤学オープンエデュケーションシステム」を⽴ち上げました。今後は、公開⽤コンテンツのさらなる充実も図ってまいります。ご活⽤のほど、よろしくお願い申し上げます。

オープンエデュケーションシステム

⼀般公開⽤コンテンツ

【OE】計算問題集-常微分⽅程式
  1. 1階線形常微分⽅程式
  2. 2階定数係数線形同次常微分⽅程式(特性⽅程式が実根をもつ場合)
  3. 2階定数係数線形同次常微分⽅程式(特性⽅程式が複素根をもつ場合)
  4. 2階定数係数線形⾮同次⽅程式
【OE】電磁気学⼊⾨
  • 電気の基本
  • 単位系について
  • クーロンの法則
  • 電場(電界)について
  • ガウスの法則
  • 電位について

詳細はこちらからKAIT-Blend